基本姿勢と政策

ふるさとを守り自然と共生する社会を・・・ 

 日頃は格別のご高配を賜り、厚くお礼を申し上げます。
 さて、現今、環境悪化、超高齢化、産業・社会構造の変容の激しさは、生きることの難しさ、生かされる事の苦しさを増幅しているように思われます。
 このような中で、次世代を託す若い世代が夢をもち、安心して子供を生み育てる社会、これまで頑張ってきた壮老年層が心のゆとりを感じられる社会こそ、希求されるものではないでしょうか。
 私たちの小さい頃を思い出してみましょう。濃緑の下、清流には魚がおどり、野山には小鳥がさえずり、そんな環境の中で老いも若きもイキイキと暮らしていました。自然と共生し、お互いを思いやる社会・・・。
 今の社会に何が足りないのかよく考え、地域のみなさんと一緒に住みよい奥三河ふるさと共生(ともに生きる)なる未来へと進んでいくことを誓います。


Kihonnlogo

 信頼を基に地域の力を結集して

 県政に奥三河の重要性を訴えます。 

Seisakulogo

1.安心・安全な活力あるまちづくり 

①高齢者や子どもが病気になっても安心できる、UターンやIターンでふるさとへ若者が回帰できる、充実した子育てや教育が出来る、定年を迎えた熟年労働者達の働く場所がある。

②これらの為に、新城市民病院や東栄病院等医療機関の充実、子ども医療費の無料化、学校・社会教育の活性化、地元産業の振興、中心市街地の活性化、また、新城インターチェンジ周辺整備(企業団地・道の駅・住宅)、観光資源の掘り起こしと新規開拓等に力を注ぎます。  

2.環境に貢献する森づくり

①この地域だからこそ豊かな森林資源を誇りに森づくりに取組みます。
大学で学んだ森林理論と、自らの足で歩き肌で感じた真相と有効策。今ある自然環境を見つめ直し、豊かな森林資源の活性化の為に、森林組合と連携し、その在り方を探ります。
 

②豊川流域の人たちみんなで力を合わせ、この先何十年、何百年も美しい森と豊かな川が続くように、森林環境税の実現をめざし積極的活用を考えていきます。  

森と緑づくり税事業の積極的展開、中山間地の農業を守る鳥獣害対策、農林業の新規就業者育成、落葉広葉樹の植林、各地に花の郷づくり 

3.未来を担う人づくり

明日の社会を担う子ども達、私達はその子ども達に支えられることは間違いありません。今、少子高齢化社会の中で、その子ども達にふるさとの生きる知恵を引き継いでもらわなければなりません。
幸いふるさとには素晴らしい文化と伝統行事があります。これらを介して調和のある人づくりを目指します。
 
子どもたちに希望ある未来を
就学前教育・小中高教育の充実、若者への就労支援、子育て支援の充実、障がいのある方に教育・就労の場を、各地文化伝統行事の継承
 

●●●地域の夢づくり●●●

新東名インター周辺をウッディタウンに
新城駅前に高機能住宅団地を
新城花街道の完成を
東名にスマートインターを
豊川左岸の県道整備・新橋架橋を
猿投グリーンロードを茶臼山高原道路まで延伸を